保管庫バナー文字入り.jpg
   ↑ 萌えボイスからご購入いただける、
     再販許可作品のサンプルボイスページです
💕


【震災などで、データを失ってしまった方へ】
納品した作品は、すべて保管してあり、再送が可能です!
どうぞ、状況が落ち着いたら、お知らせください!
再度、お送りいたします!!


サイドバーのメールフォームから送られてきたメールのお返事は、
原則的に、記事本文中に書かせていただいております。


≪お知らせ・お願い・解説の目次≫

【とても大事なお願い】(2010年09月06日)

【しづくへのコンタクト方法】(2010年04月03日)
【ご注文の窓口について】(2010年08月08日)
【初めてのご依頼をご検討くださっているサークルの方へ】(2012年09月14日)
【お送りする音声ファイルの形式について】(2010年04月15日)
【声のご指定について】(2010年05月30日)
【文字数と作品の長さ】(2011年04月20日)
【1分間に○○文字、音声ファイル付き具体例】(2011年10月04日)
【フリートークのご依頼について】(2010年01月10日)
【アクセントのご指定方法について】(2010年01月11日)
【アクセントのご指定方法について 改訂】(2010年10月21日)
【萌えボイスの、声優側から見た報酬】(2010年03月10日)
【差し替え用の音声パーツのご依頼について】(2010年04月09日)
【再販作品の二次使用について】(2010年03月28日)
【読むスピードの指定方法について】(2010年06月24日)
【効果音の挿入について】(2013年08月14日)
【リテイクについて】(2014年12月23日)
【ご評価のお願い】(2015年05月31日)
【掛け声の拍の取り方について】(2017年04月14日)



2010年02月05日(Fri)

掛け合いは、分けて読むことにしています

掛け合いの台詞は、
まず、登場人物ごとに、台詞を分けたファイルを作ります。

生の語りでは、その場で気持ちを乗せ換えていくわけで、
それは、気持ちの切り替えの瞬発力が勝負で、
スリルがあって楽しいのですが・・・。

やはり、台詞は、登場人物ごとに分けて作ったほうが、
気持ちの流れも通せるし、声の一貫性もずっと保ちやすい。

でも、こうやって分けて作る短所もあって、
台詞の流れとしてしっくり噛み合わない、という事態が起こり得ます。
台詞って、
相手の口調を受けて、その場でテンションが決まって行く、
キャッチボールで進んでいくものですから。

しかし、そこは、一人で読み分けているから、
相手の台詞は、心の中で「鳴って」いるので、大きくブレることはまずありません。
これは、一人で読んでいるメリットですねるんるん


もし、数人で配役しているなら、
これはぜったいに、相手の台詞を生で聴きながら、
掛け合っていったほうが良いに決まっています!
相手の台詞の微妙なニュアンスを汲み取って、その場で対応できますから。

でも、
ネットの自宅録音では、その、
「登場人物の声優が集まる」というのができないんですよねぇ・・・

そこが、歯痒いところです
押していただけるととても励みになります♪
posted by しづく at 10:34 | Comment(2) | おしごと所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする