保管庫バナー文字入り.jpg
   ↑ 萌えボイスからご購入いただける、
     再販許可作品のサンプルボイスページです
💕


【震災などで、データを失ってしまった方へ】
納品した作品は、すべて保管してあり、再送が可能です!
どうぞ、状況が落ち着いたら、お知らせください!
再度、お送りいたします!!


サイドバーのメールフォームから送られてきたメールのお返事は、
原則的に、記事本文中に書かせていただいております。


≪お知らせ・お願い・解説の目次≫

【とても大事なお願い】(2010年09月06日)

【しづくへのコンタクト方法】(2010年04月03日)
【ご注文の窓口について】(2010年08月08日)
【初めてのご依頼をご検討くださっているサークルの方へ】(2012年09月14日)
【お送りする音声ファイルの形式について】(2010年04月15日)
【声のご指定について】(2010年05月30日)
【文字数と作品の長さ】(2011年04月20日)
【1分間に○○文字、音声ファイル付き具体例】(2011年10月04日)
【フリートークのご依頼について】(2010年01月10日)
【アクセントのご指定方法について】(2010年01月11日)
【アクセントのご指定方法について 改訂】(2010年10月21日)
【萌えボイスの、声優側から見た報酬】(2010年03月10日)
【差し替え用の音声パーツのご依頼について】(2010年04月09日)
【再販作品の二次使用について】(2010年03月28日)
【読むスピードの指定方法について】(2010年06月24日)
【効果音の挿入について】(2013年08月14日)
【リテイクについて】(2014年12月23日)
【ご評価のお願い】(2015年05月31日)
【掛け声の拍の取り方について】(2017年04月14日)



2010年05月09日(Sun)

萌えボイス歴満2年のご挨拶

題名どおりです! そして、長文です・・・



きっかけは、どこかのボイスブログのバナーで、
「萌えボイス」の存在を知ったことです。

最初は、正直、再販作品を見て、尻込みしました。
「こんな言葉、私、発音できないかも・・・」と、考え込みました。
でも、思い切りの良さが、しづくの持ち味!
えい、やっ! と、申し込んでしまいました。

サンプルボイスを送って、採用していただいたはいいけれど、
価格をどのくらいに設定していいかも分からず、
とりあえず、5円にしました。



それでも、10日後くらいに最初のご依頼をいただけたんです!
その内容が、ある意味、とてもハードだったんですけれど、
とにかく、読みました。
それで5点の評価をいただけて、
まだ、評価システムの仕組みもわかっていないまま、
ご評価いただけたことが、とにかく、うれしかったんです。
そして、この仕事をする、ということへの、
心のふっきりがつきました!

そのあと、同じ方から、続けてご依頼をいただき、
10点、という点数もあることを知り、
他の方からからも、ぽつぽつと、ご依頼が入るようになりました。



今考えると恐ろしいことに、、、、
そのころのしづく、「編集」という作業の仕方を知らなかったんです!
だから、毎回、一発録りでした。
途中で噛んだら、最初から録り直しです・・・。
でも、幸いなことに、
それでも、対応できるような、ご依頼内容のものばかりだったんですよね、それまでは・・・。

ある日、長文のナレーション原稿のご依頼をいただいて、
それも、気合で読み上げて、
30分の音声ファイルをがく〜(落胆した顔) 納品しました。

そうしましたら、それが、編集なしの一発録りであることに、
ご依頼者さまが驚かれて、
音声編集用のソフトを教えてくださったんでするんるん

その後、2円への値下げセールをして、ご依頼が増えて、
掛け合いや、効果音付きや、超長文、といったような、ご依頼もいただきましたが、
編集用ソフトのおかげで、無事、納品できましたムード

その後は、価格は、ほぼずっと、3円とさせていただいております。



ある日、掛け合いの台詞のご依頼をいただいたときに、
ご依頼者の方から、とても褒めていただいたんですけれど、
「自分で頼んでおいてなんですが、こんなにはじけてくれていいんですか?」
と、ご心配いただいちゃって、はじけすぎだったかしら、と、心配になって、
「いいんでしょうか、私・・・?」とお尋ねしたら、
「こういうものが出来るのならどんどんはじけて下さい」と、
励ましてくださって、
大きな心の支えになりました。

それ以来(その前からですが)、しづくは、はじけっぱなしで、
毎回、全力です!



編集作業ができるようになってくると、
「後から、いくらでも、直せる」ということが、
ありがたくもあり、厄介でもあり(だって、キリがないんだもん)、
そうなると、自分の読み間違いや気持ちのズレの修正、ばかりではなく、
いろいろなノイズに耳が立つようになりました。

初期のころのファイルには、さぞかしたくさんの生活音が入っていただろうなぁ、
ということに思い至り、とても恐縮しております・・・。

リップノイズなんて、
最初の頃は、意識していなかったから、自分の耳が、拾いさえしなかったんです。
でも、どんどん、耳が敏感になってきて、カットせずにはいられなくなってきました。

そして、同じころから、アニメのCVのボイスもいただくようになり、
同人作品も、少しずつ、増えてきました。




そうかんがえると、
ちゃんと、タイミングよく、その時期のしづくが対応できるお仕事を
いただいているんです!!

最初のご依頼が、複雑な掛け合いの原稿だったら、
対処しきれず、そこで、挫折していたかもしれない。

雑音の多いころに、「ノイズをカットしてください」と言われても、
自分の耳が、ノイズを認識できず、途方に暮れたかもしれない。

この2年間、そのときそのときのしづくの手に負えるお仕事をいただいて、
たくさん褒めていただき、
たくさんのアドバイスもいただき、
しづくは、そうやって、皆さまに育てていただきました!


だから、しづくは、声を大にしていいます!

今のしづくがあるのは、
しづくにご依頼くださった皆さまのおかげです!
ほんとうに、ありがとうございます!!!




3年目に突入、
しづくの「伸びしろ」が、あと、どのくらいあるのか分かりませんが、
これからも、全力でお仕事に取り組んで、
少しでも、レベルアップを目指したいと思っています!

どうぞ、みなさま、
これからも、よろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)


mail to17:14拍手メッセージをくださった方へハートたち(複数ハート)
ありがとうございます!! 
気持ちが疲れていたときにいただいたメッセージで、とても、心に沁みました!! 
これからも、よろしくお願いします!!
タグ:ご挨拶
押していただけるととても励みになります♪
posted by しづく at 11:09 | Comment(4) | おしごと所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする