保管庫バナー文字入り.jpg
   ↑ 萌えボイスからご購入いただける、
     再販許可作品のサンプルボイスページです
💕


【震災などで、データを失ってしまった方へ】
納品した作品は、すべて保管してあり、再送が可能です!
どうぞ、状況が落ち着いたら、お知らせください!
再度、お送りいたします!!


サイドバーのメールフォームから送られてきたメールのお返事は、
原則的に、記事本文中に書かせていただいております。


≪お知らせ・お願い・解説の目次≫

【とても大事なお願い】(2010年09月06日)

【しづくへのコンタクト方法】(2010年04月03日)
【ご注文の窓口について】(2010年08月08日)
【初めてのご依頼をご検討くださっているサークルの方へ】(2012年09月14日)
【お送りする音声ファイルの形式について】(2010年04月15日)
【声のご指定について】(2010年05月30日)
【文字数と作品の長さ】(2011年04月20日)
【1分間に○○文字、音声ファイル付き具体例】(2011年10月04日)
【フリートークのご依頼について】(2010年01月10日)
【アクセントのご指定方法について】(2010年01月11日)
【アクセントのご指定方法について 改訂】(2010年10月21日)
【萌えボイスの、声優側から見た報酬】(2010年03月10日)
【差し替え用の音声パーツのご依頼について】(2010年04月09日)
【再販作品の二次使用について】(2010年03月28日)
【読むスピードの指定方法について】(2010年06月24日)
【効果音の挿入について】(2013年08月14日)
【リテイクについて】(2014年12月23日)
【ご評価のお願い】(2015年05月31日)
【掛け声の拍の取り方について】(2017年04月14日)



2010年05月22日(Sat)

ご評価のこと・・・

きのう、ご評価にマイナス点があり、
しかも、それが−3点、というシビアな数値であることに驚いちゃったついでに、
ご評価について、
しづくが思うところを、書いちゃおうかなぁ、と思いました。


きっと、声優側は、みなさんそうだと思うのですが、
しづくは、作品ひとつひとつのご評価を、とても気にしています。
いや、それにしたって、しづくは気にしすぎじゃないか? と、
内心、苦笑している方もいらっしゃるかなぁ、とも思います。


しづくは、自分の納得のできない作品は、提出しません。出せません!
だから、「読みの出来が悪い」ということは、ない、
おこがましいようですが、そう思っています。


それでも、納品するたびに心配なのは、ふたつの「勘違い」です。


ひとつは、「イメージのズレ」
しづくが作品から受け取ったイメージと、
ご依頼者さまの作品に込めたイメージがずれていた場合です。
しづくが声で表現した世界観が、
ご依頼者さまの頭の中の世界観と大きくずれていたら、
ご依頼者さまを落胆させてしまいますものね。

これは、ある意味、避けられないことだとも思うんです。
大好きな漫画が、アニメ化されたときに、
当てられている声が、自分が描いていたイメージと大きく違って、がっかり…
ありますよね?
これって、「正解」とか、「間違い」ではなくて、
個人個人の感性に関わることで、
ある人は「そこがいい!」と思うところが、
ある人には「耐えられない!!」ということもあるわけです。

だから、しづくも、低い評価をいただくこともあるし、
「テンポがゆったり過ぎて眠くなりました」とか、逆に、
「速すぎて、ゆっくり浸っていられません」とか、
「自分の設定より、若すぎる気がします」とか、
「もっと強気に攻めてほしかった」とか、
いろいろなご感想をいただきます。
そういうときは、
「あぁ、イメージの作りどころがずれてしまった」と思い、
ご期待の世界観に寄り添えなかったことにお詫びをし、
リテイクの申し出をします。


もうひとつの勘違い、それは、「思い込みによる読み間違い」です。
どういうわけか、一度、そう思い込んでしまうと、何度読んでもそう読める、
そういうことってないですか?
「コミュニケーション」を「コミニュケーション」だと思い込んでいると、
どんなに見直しても、自分の間違いに気づかない、みたいな・・・。

それから、アクセント。
自分の言い慣れたアクセントが、標準的なアクセントとずれていることに
気づかないまま提出してしまう。
そんなことが、つい最近もありました・・・。


ですから、ご評価とご感想がいただけるまでは、
はたして、自分が、ご期待に添えるものを納品できたのかどうか、
ほんとうに不安で、落ち着かない気分になります。

そして、そのまま、ご評価をいただけないと、
お送りした作品が、いかにも宙ぶらりんの作品に思えてきて、
自分の中の、その作品への評価が、一気に下がってしまうんですバッド(下向き矢印)

実は、しづく、褒められちゃったら、うれしくてグッド(上向き矢印)
その、納品した作品を何度も聴き返してニヤニヤしたりしちゃうイタいヤツなのですが、
ご評価をいただけないと、
2度と開く気になれない、辛い作品になってしまうんです・・・。


だから、しづくは、ぜひ、ご評価とご感想をいただきたい!
ご期待に添えていなかったら、読み直します!
ご指摘は、次につなげます! しづくの肥やしになります!!


もうひとつ、、、これは、現実的な問題で、俗な問題で、
恐縮なのですが、、、

やっぱり、評価の順位が高いことは、うれしいことで、
心の支えになり、励みになります。

ところが、しづくは、仕事のスピードを上げられないので、
数をこなす、ということができません。
そうなると、いただいたご依頼を、確実にご評価に結び付けて行くしかなくて・・・。


だから、

ご満足いただけても、たとえ、ご不満な出来でも、
ぜひぜひ、ご評価とご感想をくださいませ!!


しづくの心からのお願いですムード
押していただけるととても励みになります♪
posted by しづく at 10:45 | Comment(7) | おしごと所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする