保管庫バナー文字入り.jpg
   ↑ 萌えボイスからご購入いただける、
     再販許可作品のサンプルボイスページです
💕


【震災などで、データを失ってしまった方へ】
納品した作品は、すべて保管してあり、再送が可能です!
どうぞ、状況が落ち着いたら、お知らせください!
再度、お送りいたします!!


サイドバーのメールフォームから送られてきたメールのお返事は、
原則的に、記事本文中に書かせていただいております。


≪お知らせ・お願い・解説の目次≫

【とても大事なお願い】(2010年09月06日)

【しづくへのコンタクト方法】(2010年04月03日)
【ご注文の窓口について】(2010年08月08日)
【初めてのご依頼をご検討くださっているサークルの方へ】(2012年09月14日)
【お送りする音声ファイルの形式について】(2010年04月15日)
【声のご指定について】(2010年05月30日)
【文字数と作品の長さ】(2011年04月20日)
【1分間に○○文字、音声ファイル付き具体例】(2011年10月04日)
【フリートークのご依頼について】(2010年01月10日)
【アクセントのご指定方法について】(2010年01月11日)
【アクセントのご指定方法について 改訂】(2010年10月21日)
【萌えボイスの、声優側から見た報酬】(2010年03月10日)
【差し替え用の音声パーツのご依頼について】(2010年04月09日)
【再販作品の二次使用について】(2010年03月28日)
【読むスピードの指定方法について】(2010年06月24日)
【効果音の挿入について】(2013年08月14日)
【リテイクについて】(2014年12月23日)
【ご評価のお願い】(2015年05月31日)
【掛け声の拍の取り方について】(2017年04月14日)



2010年07月16日(Fri)

劇と、しづく



音声ファイルは、システムボイス、どんな場面で使えるのか、しづくも分かりませんが〜あせあせ(飛び散る汗)
どうぞ、お気軽にお持ち帰りくださいねぴかぴか(新しい)


劇と、しづくの話をしますね。

しづくは、子どものころから、本を読んだり台詞を言うのは好きでしたが、
動作をするのは、恥ずかしいタチでしたねぇ。
とくに、紙のお面をつける、と言うあの行為は、真っ平ゴメンでした。
それでも、台詞を言いたさに、必修クラブは、演劇部に入ったりしていましたけれど。

だから、声の仕事ができるといいなぁ、と思っていても、
演技を本格的に勉強するつもりはなかったんです。

しかし、しづくが朗読を習っていた先生は、俳優さんで、
「ちがう! 台詞が(「を」じゃなくて「が」です)ちゃんと見ていない。
 隣の〇〇さんに向かって話しかけてみろ!」
という。
これがまた恥ずかしくて、
なんで、音だけの表現なのに、隣の人に話しかけなくちゃならないの? と、
目もあわさず、ボソボソやっているものだから、
いつまで経っても怒られていましたたらーっ(汗)


でも、今は、深く納得できます。
生きた台詞を発するためには、
その、発話の舞台に活き活きと身を置いていなくてはいけない、
声の表現を追及して行ったら、
結局、そこにたどり着いて、恥ずかしいとか、かっこ悪いとか、
そんなことは考えなくなりました。

だから、
「声」から入って、長くやってきたら、自然と「動き」が付いて来た、
動けるようになった。

しづくの場合、そんな感じです。

それで、今は、しょっちゅう、劇に出ています。
ひょっとすると、人形劇の頻度より、
劇に出ている頻度の方が高いくらいかもしれません・・・

タグ:随想 日記
押していただけるととても励みになります♪
posted by しづく at 10:39 | Comment(2) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする