保管庫バナー文字入り.jpg
   ↑ 萌えボイスからご購入いただける、
     再販許可作品のサンプルボイスページです
💕


【震災などで、データを失ってしまった方へ】
納品した作品は、すべて保管してあり、再送が可能です!
どうぞ、状況が落ち着いたら、お知らせください!
再度、お送りいたします!!


サイドバーのメールフォームから送られてきたメールのお返事は、
原則的に、記事本文中に書かせていただいております。


≪お知らせ・お願い・解説の目次≫

【とても大事なお願い】(2010年09月06日)

【しづくへのコンタクト方法】(2010年04月03日)
【ご注文の窓口について】(2010年08月08日)
【初めてのご依頼をご検討くださっているサークルの方へ】(2012年09月14日)
【お送りする音声ファイルの形式について】(2010年04月15日)
【声のご指定について】(2010年05月30日)
【文字数と作品の長さ】(2011年04月20日)
【1分間に○○文字、音声ファイル付き具体例】(2011年10月04日)
【フリートークのご依頼について】(2010年01月10日)
【アクセントのご指定方法について】(2010年01月11日)
【アクセントのご指定方法について 改訂】(2010年10月21日)
【萌えボイスの、声優側から見た報酬】(2010年03月10日)
【差し替え用の音声パーツのご依頼について】(2010年04月09日)
【再販作品の二次使用について】(2010年03月28日)
【読むスピードの指定方法について】(2010年06月24日)
【効果音の挿入について】(2013年08月14日)
【リテイクについて】(2014年12月23日)
【ご評価のお願い】(2015年05月31日)
【掛け声の拍の取り方について】(2017年04月14日)



2010年10月21日(Thu)

「アクセントのご指定方法について」改訂

以前、
「アクセントのご指定方法について」という記事を書きました。

でも、なかなか分かりにくくて、すみませんたらーっ(汗)

アクセントって、普段、意識していないので、
改めて考えたときに、混乱しちゃう人がとても多いのです。

私も、かつて、そうでしたし、
教える身になってみると、伝えるのに苦労します。
対面でさえ、大変なことですから、
まして、文面だけで伝えるなんて、至難の業で・・・

しかし、
耳慣れたアクセントと違う単語があると耳に引っ掛かって内容が入ってこない、
そのくらい、アクセントって、大きなポイントですので、
すっきり伝えられるに、越したことはありません!!

そこで、もう一度、「詳しく分かりやすい説明」に、挑戦してみようと思います手(グー)

前回の記事の最大の弱点は、
ボイスブログなのに、音声による例示が無かったことじゃないか?
と、いまさらながら気づきましたのであせあせ(飛び散る汗)
今回は、音声ファイル付きで!


では、「標準語」と呼ばれている言葉のアクセント体系について、
講義しちゃいます!


【アクセントについて】

日本語のアクセントは、「高低アクセント」です。
そして、標準語には
「単語の一音目が高いときは、二音目が低く、
 一音目が低いときは、二音目が高く続く。
 ひとつの単語の中で、高いところは一箇所しかない」

という、大原則があります。

ですから、
四拍の言葉の場合、
「高低低低」「低高高高」「低高低低」「低高高低」
というアクセントはありますが、
「高高高高」「高高高低」「高高低低」「高低低高」「高高低高」「高低高低」「高低低高」
「低低高低」「低高低高」「低低高高」「低低低高」「低低低低」
というアクセントは有り得ません。(漏れはないか? ゲシュタルト崩壊が…がく〜(落胆した顔)

さらに、助詞が「高く」連結する場合と、「低く」連結する場合で、
「低高高高」が
「低高高高(高)」「低高高高(低)」の二種類に分かれますから、
四拍の言葉には、
5種類のアクセントがあることになります。

それぞれのアクセントには、専門的な名前があります。
助詞の付き方も、( )付けで例示しますね。(ここではとりあえず「が」をつけています)
矢印「↑」「↓」は、「その次の音から、上がる/下がる」ということを意味します。

「低高高高(高)」=平板型(へいばんがた)    「と↑もだちが(友達が)」
「低高低低(低)」=中一高型(なかいちだかがた) 「い↑ち↓じくが(無花果が)」
「低高高低(低)」=中二高型(なかにだかがた)  「あ↑んな↓いが(案内が)」
「低高高高(低)」=尾高型(おだかがた)     「い↑ちにち↓が(一日が)」
「高低低低(低)」=頭高型(あたまだかがた)   「お↓んがくが(音楽が)」


一拍の言葉には、平板型と尾高(=頭高)型の二種類しかありません。(「気が」と「木が」)
二拍の言葉は、平板型と尾高型と頭高型の三種類です。(「端が」、「橋が」、「箸が」」)
三拍の言葉には、真ん中が高い形は「中一高型」だけで、「中二高型」は有りませんので、
「中高型(なかだかがた)」で通じます。
五拍の言葉なら、「中三高型(なかさんだかがた)」が一つ増え、
以降、拍が一つ増えるごとに、種類も「中四」「中五」…と増えていくことに、
理屈では、なります。

アナウンスや演技を専門的に勉強した経験のある人になら、
「平板型」「中一高型」などの名前で通じるかと思います。

たとえば、「快楽」という単語。
標準語アクセントとしても、二種類あるのですが、
指定方法として、

1.「平板型で読んでください」「頭高型で読んでください」
2.「「かいらくが」=「低高高高(高)」と読んでください」
  「「かいらくが」=「高低低低(低)」と読んでください」
3.「「か↑いらくが」と読んでください」「「か↓いらくが」と読んでください」


が考えられるかと思います。

読み手が、経験が浅い場合、
読み手側の問題で通じにくいこともあるかと思いますので、
併用して、試してみられてはいかがでしょう?
 


タグ:お知らせ
押していただけるととても励みになります♪
posted by しづく at 10:56 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「そう…虐められるのが嬉しいんだぁ、ぅふふ」



タイトルは、この音声ファイルのテキストです。
【虐めることが楽しい女性、なイメージ】
どうぞ、ご自由にお持ち帰りくださいねキスマーク


この音声ファイルは、
去年の今日の記事に添付されていたものです。


押していただけるととても励みになります♪
posted by しづく at 08:23 | Comment(0) | 微エロボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする