保管庫バナー文字入り.jpg
   ↑ 萌えボイスからご購入いただける、
     再販許可作品のサンプルボイスページです
💕


【震災などで、データを失ってしまった方へ】
納品した作品は、すべて保管してあり、再送が可能です!
どうぞ、状況が落ち着いたら、お知らせください!
再度、お送りいたします!!


サイドバーのメールフォームから送られてきたメールのお返事は、
原則的に、記事本文中に書かせていただいております。


≪お知らせ・お願い・解説の目次≫

【とても大事なお願い】(2010年09月06日)

【しづくへのコンタクト方法】(2010年04月03日)
【ご注文の窓口について】(2010年08月08日)
【初めてのご依頼をご検討くださっているサークルの方へ】(2012年09月14日)
【お送りする音声ファイルの形式について】(2010年04月15日)
【声のご指定について】(2010年05月30日)
【文字数と作品の長さ】(2011年04月20日)
【1分間に○○文字、音声ファイル付き具体例】(2011年10月04日)
【フリートークのご依頼について】(2010年01月10日)
【アクセントのご指定方法について】(2010年01月11日)
【アクセントのご指定方法について 改訂】(2010年10月21日)
【萌えボイスの、声優側から見た報酬】(2010年03月10日)
【差し替え用の音声パーツのご依頼について】(2010年04月09日)
【再販作品の二次使用について】(2010年03月28日)
【読むスピードの指定方法について】(2010年06月24日)
【効果音の挿入について】(2013年08月14日)
【リテイクについて】(2014年12月23日)
【ご評価のお願い】(2015年05月31日)
【掛け声の拍の取り方について】(2017年04月14日)



2010年12月08日(Wed)

リテイク・・・

しづくがそうとうの「天然」物で、
そそっかしいのは、このブログを長く読んでくださっている方には、きっと周知の事実あせあせ(飛び散る汗)

それを踏まえて読んでくださいませ。
「それ、違います」と教えていただければ、
自分の間違いが訂正されて、ひとつお利口になれる、ということで〜〜〜


萌えボイスにリテイクの窓口があることに気づかなかったのは、
不覚でしたっ! ごめんなさいっっ! なのですが、

萌えボイスで、リテイクについての決まりの記述を見たのは、
「よくある質問」の10月7日の更新が初めてだと思うんですよねぇ…。

ですから、しづくは、萌えボイスの方針として、
「したい人は、して差し上げてください」と言うことなのだ、と思っておりました。

一番最初にリテイクの申し込まれたときは、
お送りする方法が思いつかず、途方に暮れ、申し訳ないことに、お断りしてしまったんです。

それから間もなく思いついた方法が、
次にご依頼をいただいたときに、その作品の納品時に併せてお送りすればいいのではないか?
ということで、
入会後、1年くらいは、そう、ご提案させていただいておりました。
これも、リテイクの窓口が、最初から用意されていた、ということを知った今、考えてみると、
そうとう、申し訳ないお申し出をしてしまっていた、と恐縮しております。
返す返すも、ごめんなさい!!

その後、
大容量のデータをやり取りするためのサービスが、ネット上に提供されている、と知り、
最近は、ずっと、その、外部のサービスを利用させていただいておりました。

そして、それからは、手軽に音声ファイルをお送りできるので、
ご依頼者さまの指示を仰ぎながら、
なんどでも、試行錯誤して、フィードバックしておりました。


だから、今回、「リテイクは1回まで」という記述を見て、ビックリしてしまったんです。
「理不尽なリテイク依頼」の、「理不尽」の範疇が、
どのくらいの範囲を指すか、難しいところですが、
「アクセントが変です」はもちろん、「ここはもっと激しく!」も「もっと囁いてください」も、
しづく的には、理不尽じゃないなぁ・・・。
耳に引っ掛かって、使い物にならなかったら、「オーダーメイド」が悲しすぎますもの・・・


mail to12:33 拍手メッセージの方へぴかぴか(新しい)
お久しぶりでございます! 
ね! 分かり難いですよね!! って、共感していただけて、気持ちが軽くなりました!
私は、他に、お送りする方法を見つけてしまったから、ちゃんと探しておりませんでした…。
記事にしたことで、教えていただけて、とてもよかったと思っております。
すみません、なんて、とんでもない!! こうして、お気遣いいただけることが、ありがたく、恐縮です!

posted by しづく at 10:06 | Comment(0) | おしごと所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: