保管庫バナー文字入り.jpg
   ↑ 萌えボイスからご購入いただける、
     再販許可作品のサンプルボイスページです
💕


【震災などで、データを失ってしまった方へ】
納品した作品は、すべて保管してあり、再送が可能です!
どうぞ、状況が落ち着いたら、お知らせください!
再度、お送りいたします!!


サイドバーのメールフォームから送られてきたメールのお返事は、
原則的に、記事本文中に書かせていただいております。


≪お知らせ・お願い・解説の目次≫

【とても大事なお願い】(2010年09月06日)

【しづくへのコンタクト方法】(2010年04月03日)
【ご注文の窓口について】(2010年08月08日)
【初めてのご依頼をご検討くださっているサークルの方へ】(2012年09月14日)
【お送りする音声ファイルの形式について】(2010年04月15日)
【声のご指定について】(2010年05月30日)
【文字数と作品の長さ】(2011年04月20日)
【1分間に○○文字、音声ファイル付き具体例】(2011年10月04日)
【フリートークのご依頼について】(2010年01月10日)
【アクセントのご指定方法について】(2010年01月11日)
【アクセントのご指定方法について 改訂】(2010年10月21日)
【萌えボイスの、声優側から見た報酬】(2010年03月10日)
【差し替え用の音声パーツのご依頼について】(2010年04月09日)
【再販作品の二次使用について】(2010年03月28日)
【読むスピードの指定方法について】(2010年06月24日)
【効果音の挿入について】(2013年08月14日)
【リテイクについて】(2014年12月23日)
【ご評価のお願い】(2015年05月31日)
【掛け声の拍の取り方について】(2017年04月14日)



2015年02月09日(Mon)

復活は夜(ただし一部w)と、「Battle of Dragoness」

10時を待ち構えて、
萌えボイスに行ってみたけれど、
メンテナンスはまだ続いていますね〜〜〜


ここ1週間、
プレイしていたゲームの話をしようかな?
と思います。

しづくが声を当てさせていただいたゲームなんです。

Megrimさまから、
2013年9月末に発売された

RJ120884_img_mainBattle of Dragoness.jpg

「Battle of Dragoness」

です!!!

発売されたときに、
Megrimさまにお願いして、いただいて、
クリアしたのです。

しかし、その後、
Megrimさまは、何度もバージョンアップをし、
内容が充実し続けている、ということで、
最新バージョンをプレイしてみたくて、
買っちゃいました!

初めて、DLsiteでお買い物をした〜〜〜

すっごく遊びやすくなっていた!
冗長な部分がなくなって、
なんだろ・・・かゆいところに手が届く、というか・・・

お一人で、よくここまで作りこんだなぁ、と感動しちゃう、
本格的なRPGなのです!!

サブイベントを満遍なく回れるよう工夫されていて、
そのイベント1つ1つが、ストレスフルじゃなく、おもしろい!
その、いろいろなサブイベントを楽しんでいるうちに、
無理なくレベルアップできるところがとてもいい!

そして、凛々しく逞しい主人公が、
しづくの声で喋ってくれるのが、なにより感激・・・

なのだけど、

「ここで使うのなら、
 このテンションで言えばよかった〜〜〜」
って部分が満載すぎるあせあせ(飛び散る汗)

台詞の半分を読み直したい気分


あ! 
「萌えボイス」のメッセージが変わってる〜!

ノーマルページは2月9日夜、アダルトページは2月10日、復旧予定となっております。

だそうです。

夜か・・・

じゃ、今日は、
Battle of Dragonessの続き、してようかな〜〜〜

mail to15:44 拍手メッセージの方へぴかぴか(新しい)
そ、そうなのかしら・・・♡
いつも、聞き手を意識して、届けよう、という気持ちで読んでいることは確かです!!
聴いてくださる方と、繋がっていられる気がして、嬉しいです・・・

mail to2:35 メールフォームからのメッセージの方へぴかぴか(新しい)
もう、わっくわくで待っていたら、ノーマルは夜で、アダルトは明日なんだそうで…w
だけど、いよいよ、再開されるのですね〜〜。
「管理者、声優、依頼者、みんなで作る萌えボイス」、確かに!!
しづくは、しづくの持ち場で、できる貢献をさせていただきたい、と思っております!

きのういただいた拍手数・・・8 
posted by しづく at 10:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: