保管庫バナー文字入り.jpg
   ↑ 萌えボイスからご購入いただける、
     再販許可作品のサンプルボイスページです
💕


【震災などで、データを失ってしまった方へ】
納品した作品は、すべて保管してあり、再送が可能です!
どうぞ、状況が落ち着いたら、お知らせください!
再度、お送りいたします!!


サイドバーのメールフォームから送られてきたメールのお返事は、
原則的に、記事本文中に書かせていただいております。


≪お知らせ・お願い・解説の目次≫

【とても大事なお願い】(2010年09月06日)

【しづくへのコンタクト方法】(2010年04月03日)
【ご注文の窓口について】(2010年08月08日)
【初めてのご依頼をご検討くださっているサークルの方へ】(2012年09月14日)
【お送りする音声ファイルの形式について】(2010年04月15日)
【声のご指定について】(2010年05月30日)
【文字数と作品の長さ】(2011年04月20日)
【1分間に○○文字、音声ファイル付き具体例】(2011年10月04日)
【フリートークのご依頼について】(2010年01月10日)
【アクセントのご指定方法について】(2010年01月11日)
【アクセントのご指定方法について 改訂】(2010年10月21日)
【萌えボイスの、声優側から見た報酬】(2010年03月10日)
【差し替え用の音声パーツのご依頼について】(2010年04月09日)
【再販作品の二次使用について】(2010年03月28日)
【読むスピードの指定方法について】(2010年06月24日)
【効果音の挿入について】(2013年08月14日)
【リテイクについて】(2014年12月23日)
【ご評価のお願い】(2015年05月31日)
【掛け声の拍の取り方について】(2017年04月14日)



2016年11月25日(Fri)

促音のアクセント/北海道の冬の始まりのような日だった…

促音・・・小さい「つ」

1つ目の記事の音声ファイルの後半で触れていたこと、
いきなり、なんのこっちゃ? って、感じで、
説明が必要だなぁ、と・・・

教材とさせていただいた記事から
引用させていただきますと、

「大阪弁で「イッサイ(一切)」のように、促音の前のアクセントが高く、後が低い語は、「↑イッ↓サイ」のように促音が高いと認識されること、しかし若年齢者の発音は「↑イ↓ッサイ」のように促音が低いと認識されることがわかりました。「↑イッ↓サイ」と「↑イ↓ッサイ」は「サイ」の部分のピッチ曲線の下がり方で、区別できるようですね。」

ということなのだそうです。

へ〜〜〜、大阪弁では「サイ」の部分に違いが出るのですか!?
いつも思うけれど、
関西弁のアクセントって、
標準語アクセントよりずっと複雑〜〜〜!

標準語アクセントの場合は、
「一拍目と二拍目は必ず、高さが異なる」
という大原則があるので、
「↑イ↓ッサイ」だと認識されているはずです。
平板アクセントなら、
「↓ガ↑ッコウ」というように・・・。

でも、実際、促音は、一拍、息を詰める「間」で、
音がないので、
「↑イッ↓サイ」と「↑イ↓ッサイ」を読み分けろ、と言われても、
どうしてよいものやら分かりません〜〜〜💦

さて、、、

きのうは寒かった〜〜〜!

2月並みの寒気、
観測史上初めての11月の積雪。

しづくは、
ああ、これは、まさに、北海道の冬の始まりの気候だ、
と思いました。

北海道にいたときは、
雪が降っているのが冬、という感覚だったので(←個人差がありますw)

そう、
きのうの天気・気温が、「冬の始まり」で、
冬の真っただ中は、
そこからさらに10度下がる・・・

で、とにかく、、
きのう、外はずっと雪が降っていたので、
家にこもって仕事をして、

#25738と#25737を納品しました!
だけど、
きのうは言い切っちゃったけれど、
#25749は、聴き返しに取り掛かったところで
時間切れになってしまった…

今日は納品しますので〜〜〜!

それから、
#25744の聴き返しに入ります。
また、
土日に備えて、#25748の通し読みも終わらせます!!

📩 12:53 拍手メッセージの方へ
そんなに大雪だったわけでもありませんが、交通機関、けっこう混乱したみたいですね。
ついつい、北海道民目線で失笑してしまいますが、
1年に1日か2日あるかないかの頻度ですから、慣れる前に通り過ぎてしまいますものね〜関東では…

きのういただいた拍手数・・・6 
posted by しづく at 11:59 | Comment(0) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: