保管庫バナー文字入り.jpg
   ↑ 萌えボイスからご購入いただける、
     再販許可作品のサンプルボイスページです
💕


【震災などで、データを失ってしまった方へ】
納品した作品は、すべて保管してあり、再送が可能です!
どうぞ、状況が落ち着いたら、お知らせください!
再度、お送りいたします!!


サイドバーのメールフォームから送られてきたメールのお返事は、
原則的に、記事本文中に書かせていただいております。


≪お知らせ・お願い・解説の目次≫

【とても大事なお願い】(2010年09月06日)

【しづくへのコンタクト方法】(2010年04月03日)
【ご注文の窓口について】(2010年08月08日)
【初めてのご依頼をご検討くださっているサークルの方へ】(2012年09月14日)
【お送りする音声ファイルの形式について】(2010年04月15日)
【声のご指定について】(2010年05月30日)
【文字数と作品の長さ】(2011年04月20日)
【1分間に○○文字、音声ファイル付き具体例】(2011年10月04日)
【フリートークのご依頼について】(2010年01月10日)
【アクセントのご指定方法について】(2010年01月11日)
【アクセントのご指定方法について 改訂】(2010年10月21日)
【萌えボイスの、声優側から見た報酬】(2010年03月10日)
【差し替え用の音声パーツのご依頼について】(2010年04月09日)
【再販作品の二次使用について】(2010年03月28日)
【読むスピードの指定方法について】(2010年06月24日)
【効果音の挿入について】(2013年08月14日)
【リテイクについて】(2014年12月23日)
【ご評価のお願い】(2015年05月31日)
【掛け声の拍の取り方について】(2017年04月14日)



2016年12月28日(Wed)

マグロ解体ショーを見て、食文化について考えた

きのうの昼、
テレビで、マグロ解体ショーの話題を見ていた。

マグロ解体ショーって、
引く手あまたで、
一千万円を超える年収を得ている人もいるのだとか・・・

その額に驚くと同時に、
ふと、
「日本人って、マグロの解体ショーを見て、
 おいしそう、って思う国民性なんだよなぁ・・・」
って、思い当たった。

もし、
これが、
豚や牛の解体ショーだったら、
日本人は、受け付けないと思うの。

かわいそう、残酷だ、気持ち悪いってなるに違いない。

でも、
日本人が、マグロの解体ショーを見て、
おいしそう、って思うように、
豚の解体ショーを見て、
おいしそう♪ って思う、文化の国もあるかもしれない。

逆に、
マグロの解体ショーを、
見ていられない! と、顔を背ける国民性の国もあるかもしれない。

そういえば、
以前、中央アジアの国の映像だったと思うけれど、、、
母親が鶏を絞めるところを見守る
5歳くらいの小さな娘が、
「今日はごちそうね」と、
わくわくとはしゃいでいる映像を見て、
衝撃を受けたことがあった。

日本人である私たちは、
鶏も食べれば、豚も、牛も食べる。
それを解体するところを見ないでいられるのは、
専門業者に任せておけるからで・・・。

でも、
そういう流通機構ができていないところでは、
自分たちが飼っている動物を、
自分たちで解体して食べる、ということが、
ごく普通に行われていて、
それは、おいしいごちそうを食べることのできる、
嬉しい日、
解体は、うれしいイベントとして受け止められる…。

つまり、残酷だ、と感じるか、美味しそう、と感じるかは、
文化の違いなんだ!!

日本人は、
マグロの解体ショーは、
楽しいイベントとして、受け止める民族なんだ!!

なんて、
そんなことを思ってしまったのでした。


きのうは、
夕方から夜遅くまで出かけてしまい、
まだまだ、
#25974の1回目の聴き返しが終わっていません〜〜〜💧

今日こそ終わらせたい〜〜〜!!!!!

きのういただいた拍手数・・・3 
posted by しづく at 11:36 | Comment(0) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: