保管庫バナー文字入り.jpg
   ↑ 萌えボイスからご購入いただける、
     再販許可作品のサンプルボイスページです
💕


【震災などで、データを失ってしまった方へ】
納品した作品は、すべて保管してあり、再送が可能です!
どうぞ、状況が落ち着いたら、お知らせください!
再度、お送りいたします!!


サイドバーのメールフォームから送られてきたメールのお返事は、
原則的に、記事本文中に書かせていただいております。


≪お知らせ・お願い・解説の目次≫

【とても大事なお願い】(2010年09月06日)

【しづくへのコンタクト方法】(2010年04月03日)
【ご注文の窓口について】(2010年08月08日)
【初めてのご依頼をご検討くださっているサークルの方へ】(2012年09月14日)
【お送りする音声ファイルの形式について】(2010年04月15日)
【声のご指定について】(2010年05月30日)
【文字数と作品の長さ】(2011年04月20日)
【1分間に○○文字、音声ファイル付き具体例】(2011年10月04日)
【フリートークのご依頼について】(2010年01月10日)
【アクセントのご指定方法について】(2010年01月11日)
【アクセントのご指定方法について 改訂】(2010年10月21日)
【萌えボイスの、声優側から見た報酬】(2010年03月10日)
【差し替え用の音声パーツのご依頼について】(2010年04月09日)
【再販作品の二次使用について】(2010年03月28日)
【読むスピードの指定方法について】(2010年06月24日)
【効果音の挿入について】(2013年08月14日)
【リテイクについて】(2014年12月23日)
【ご評価のお願い】(2015年05月31日)
【掛け声の拍の取り方について】(2017年04月14日)



2019年06月04日(Tue)

耳が認識できない音があるのかもしれない・・・

最初に英語を習わせられたのは、
小学校4年生のときだったかしら・・・

中学のときは、
一番の得意科目だったのに、
高校に入ったら落ちこぼれて

それでも、
もともと、
言葉を学ぶのは好きなタチなので、
英語学校に通ったり、
イギリスに語学研修に行ったり、
社会人になっても、
しばらく英語のこだわっていました。

でね、
それでも、
「L」と「R」の発音を聞き分けられないんです。

「B」と「V」は、聞き分けられるけれど・・・

これは、
幼少期の言語習得の黄金期を逃してから、
英語に触れたから、ということのほかに、
日本語は、
「L」と「R」を区別する文字を持たないからじゃないかしら?
と、しづくは感じているんです。

「V」を表す文字はありますよね?
「ヴァ、ヴィ、ヴ、ヴェ、ヴォ」

だから、
10歳くらいのしづくが、
この音に触れたとき、
黄金期を過ぎた耳でも、ぎりぎり、聞きなれない音を文字と関連付けて、
違う音として認識できたのかな、って・・・

だけど、
「L」と「R」は、区別する文字が、日本語にはない。
だから、
音に触れても、脳が、どう分類していいのか混乱して、
結局、「ラ、リ、ル、レ、ロ」という、
同じカテゴリに入れるしかなかったんじゃないか???

発音はできます!
「L」と「R」も正しく。
そして、
調音点がこんなに違うのに、
区別ができない自分の耳が不思議です。

・・・、と、
なんで、こんなことをいきなり書いているか?
というと、、、

ひょっとして、
関西弁にも、
標準語圏にはない、
微妙な特別の発音があって、
それを、
自分の耳が、
認知できない、ということもあり得るかも・・・?
と、思いついてしまったからです。

まぁ、
「L」と「R」のように、
区別できなくても発音ができればいいわけですが・・・

でも、
正しく発音できているかどうかを、
自分で判断できない、ということだと、
すごく厄介だなぁ〜〜〜〜

📩 21:58 拍手メッセージの方へ
その、最後の1割、2割が、とんでもなく難関かもしれなくて、
それが、今日の記事になりました〜〜〜ww が、がんばりますのでっ!!!


きのういただいた拍手数・・・15 
posted by しづく at 11:24 | Comment(0) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: