保管庫バナー文字入り.jpg
   ↑ 萌えボイスからご購入いただける、
     再販許可作品のサンプルボイスページです
💕


【震災などで、データを失ってしまった方へ】
納品した作品は、すべて保管してあり、再送が可能です!
どうぞ、状況が落ち着いたら、お知らせください!
再度、お送りいたします!!


サイドバーのメールフォームから送られてきたメールのお返事は、
原則的に、記事本文中に書かせていただいております。


≪お知らせ・お願い・解説の目次≫

【とても大事なお願い】(2010年09月06日)

【しづくへのコンタクト方法】(2010年04月03日)
【ご注文の窓口について】(2010年08月08日)
【初めてのご依頼をご検討くださっているサークルの方へ】(2012年09月14日)
【お送りする音声ファイルの形式について】(2010年04月15日)
【声のご指定について】(2010年05月30日)
【文字数と作品の長さ】(2011年04月20日)
【1分間に○○文字、音声ファイル付き具体例】(2011年10月04日)
【フリートークのご依頼について】(2010年01月10日)
【アクセントのご指定方法について】(2010年01月11日)
【アクセントのご指定方法について 改訂】(2010年10月21日)
【萌えボイスの、声優側から見た報酬】(2010年03月10日)
【差し替え用の音声パーツのご依頼について】(2010年04月09日)
【再販作品の二次使用について】(2010年03月28日)
【読むスピードの指定方法について】(2010年06月24日)
【効果音の挿入について】(2013年08月14日)
【リテイクについて】(2014年12月23日)
【ご評価のお願い】(2015年05月31日)
【掛け声の拍の取り方について】(2017年04月14日)



2019年11月12日(Tue)

関西人を欺く関西弁になっている、のかな〜〜?

きのう、
7カ月かけて作成していた
関西弁の作品を納品いたしました!!

ご依頼者さまとしづく、
共通で目指していたのは、
「関西弁ネイティブを欺く関西弁」
つまり、
関西人ではないことがばれない自然さを目指す、
ということでした。

標準語圏アクセントがネイティブのしづくが、
これを再現するのは、
当初、想定していたよりもはるかに大変なことでした。

特に難しかったのが、
「一拍の中で音程が変わること」で、
ご依頼者さまは、これを、
「母音スライド」と名付けていらっしゃいました。

関西弁が声調言語である、というしづくの仮説は、
しづくの中ではもう、
当たり前の事実になっています。

声調言語と言えば、
代表的なのが中国語だと思うのですが、
中国語の拍の単位は、
日本語でいえば長音、
つまり、日本語の二拍分だと思うんですよね。

しかし、
関西弁の場合、
それが、日本語の一拍の長さで行われ、
だから、さらに難易度が高い!!!

「ゆび」の「ゆ」の一拍の中で「⤴」が起こり、
「できひん」の「き」の一拍の中で「⤵」が起こる。

最初のうちは、
ぜったい無理!! って思っていました・・・💦

でも、だんだん、違いが分かるようになって、
発音できるようになってきた。 ・・・ようなww

それから、
拍の長さに敏感なことにも驚きましたね〜〜

「「したら」の「し」と「た」の間を0.03秒詰めてください」

というような指示を、
たくさんいただきました

それだけ、テンポが崩れることに感覚が立っている、
っていうことですよね〜〜すごい!!

・・・ということで、
物凄く苦労をしましたけれど、

だんだん、関西弁の発音に口と耳が慣れて、
言い分けられるようになってくることがうれしくて・・・

ほんとうに楽しい時間でした!

で、合格をいただけた、ということは、

「関西弁ネイティブを欺く関西弁」

になっている・・・はず?

しづくには、判断ができないので、
どうぞどうぞ、
聴いてみてやってくださいませ〜〜〜

*⇔*――*⇔*――*⇔*――*⇔*――*⇔*――*⇔*――*⇔*

今日は、#31642の作成をします!!

また、新しいご依頼もいただいております。
のちほど、
「お受けする」ボタンを押しにまいりますね!

📩 19:31 拍手メッセージの方へ
せっかく近くにいたのに、残念でしたね〜! そういえば、沿道の人の方を向いて警備する人たち、
すぐ後ろを通っているのに見られなくて残念だろうなぁ、と思いながら、しづくはテレビを観ていました〜

📩 20:53 拍手メッセージの方へ
ありがとうございました! 今の気持ちを今日の記事にいたしました。売れるといいですね〜〜
あの、また、関西弁のアクセントを知りたいとき、ご依頼を離れてお聞きしてもいいですか?

きのういただいた拍手数・・・15 
posted by しづく at 11:48 | Comment(0) | おしごと所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: